平成28年11月22日朝

平成28年11月22日朝、東北地方でまた大きな地震が起きた。
5年前を思い出すような津波の警報が出された。
ここのところ、熊本県、鳥取県と大きな地震が起き、日本中どこにいても危ないような気持ちになる。

今日の地震に関してのニュースの中で、気象庁が5年前の地震の余震と発表した。
この余震という言葉は、果たしてどう感じるかちょっと微妙である。
まだ、5年前から続いていると感じる。

地元の人の感情としてどうなのか。
ただ。新たな地震としても気にもなるが幾つかのニュースから津波の高さについての説明があった。

過去のニュースでは特に何も伝えられなかったが、30センチの高さでも人は歩けない、流されるとのことである。
このことは、承知のことであったのか、今まで知らなかったのは私だけなのか。
もっと知らせるべきではないのか。
今まで津波警報や注意報が出されてきたがこんなことは知らなかった。
もっと周知させるべきと思ったのが、今回の私の収穫であった。